千葉市 おゆみ野 歯科 歯医者 矯正歯科 - 「吉本矯正・歯科」

電話でご予約 043-292-6480

メール相談

矯正治療について

矯正治療について

歯の健康に最も大切なのは、咬み合わせです。「歯並びをもっときれいになりたい」と、矯正歯科医を訪れる人はたくさんいますが、「咬み合わせをよくしたい」という人は、少ないです。「きれいな歯並び」とはよく噛める、正しい咬み合わせであることだと思います。

矯正治療は悪い歯並びや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯並びにする歯科治療です。

矯正装置を通じて、歯や顎関節に力をかけてゆっくりと動かして、歯並びと噛み合わせを治していきます。
歯列矯正の治療法にはいくつかありますが、一般的に「矯正」と言えば、歯の表側に装置を取り付けて行う唇側(しんそく)矯正を指します。これは、歯の表側(唇側)に取り付けた”ブラケット”と言う矯正装置にワイヤーを通し、ワイヤーの弾力を利用して歯を少しずつ動かして行く方法です。

「歯列の矯正治療」というと、「金属の装置が目立って、見た目が良くない」というイメージをお持ちではありませんか?確かに以前の矯正装置(ブラケット)は金属製のものしかありませんでしたので、”唇側矯正=装置が目立つ”というデメリットがありました。

しかし、最近では目立ちにくいプラスチック製のものも開発され、表側からでも、比較的目立たない矯正治療が可能になってきました。また、症例や患者さまのお口の状態によりますが、平均的な治療期間は約1年半~2年です。

矯正治療の目的

歯科矯正の一番の目的は、当然歯並びを整えることです。歯並びが悪いと虫歯や歯周病などさまざまな問題が起きる可能性があります。

歯の並びが悪くなる原因

  • 虫歯によって歯の形や歯並びが悪くなる
  • 歯周病や老化によって歯並びが悪くなる
  • 遺伝によって生まれつき噛み合わせが悪い
  • 子供の頃の指吸い、噛み癖
  • 柔らかいものばかり食べる食習慣

歯と関係した症状

  • 握力が低下する
  • 舌の形が変形する
  • 顔全体のゆるみが出る
  • 背骨が曲がる、関節炎が起こしやすい
  • 口の中の菌が体を弱める
  • 妊娠中の歯周病は赤ちゃんに影響する

吉本矯正歯科の方針

私が開業開始から矯正治療をはじめた時は、まだ日本人の矯正に対する意識はたいへん低く、単に「見た目」だけの問題と思われたり、歯をキレイに並べるだけとしか考えられていない面が多くありました。しかし、私は単に歯並びやかみ合わせが全身の健康に深く関わっていることを理解してもらえる日が必ず来ると信じていました。 当院では歯の矯正に関して、多くの矯正医や歯科医の方とは少し違った取組みをおこなっています。 それは

  1. 小さな不正咬合でも見逃さない
  2. 不正咬合の予防をする
  3. 矯正治療をするなら治療は早い時期にはじめる
  4. 治療は永久歯を抜かない方法で行う
  5. 患者さまの健康維持を助ける
  6. 噛めるようにする

なかでも、5が最大の目的です。 他の矯正医・小児歯科医・大学病院等で「永久歯を便宜的の抜歯を行わないと歯列矯正出来ない」、また、「矯正治療途中で抜歯症例に移行を告げられた」と言われセカンドオピニオンで当医院を受診しに来て頂いています。 当医院では大切は永久歯をなるべく間引きしないで咬合誘導し一生自分の歯で咬める咬み合わせを築いています。

初診から治療開始までの流れ

  • 01. 初診

    まず、ご予約いただき、初診にお越しください。

  • 02. 問診

    現在の歯並びの状況と問題点、そして現時点で考えられる治療方法とその治療期間を検討します。

  • 03. 検査

    患者さまの噛み合わせや顎の状態を確認します。

  • 04. カウンセリング

    精密検査の結果をもとに診断し疑問や不安に感じることを解決します。その後は治療計画を立てます。

  • 05. 治療開始

    歯に矯正装置を装着し、矯正治療を始めます。装置の装着後は、装置の取り扱いや治療中の注意点などについてご説明いたします。

  • 06. 保定・調整

    治療期間中に月1回程度にご来院いただき、治療経過の状態を確認し調整します。

矯正歯科治療のリスクと副作用

矯正歯科治療に限らず全ての医療にはリスクと副作用、また合併症や治療の限界があります。受診に際しては以下の点を十分にご理解頂くことが大切です。

矯正歯科装置について

1. 矯正歯科装置をお口の中に付けると歯やお口の中の粘膜に違和感を生じることがあります。

多くの場合は数日から1週間で慣れてきます。

2. 矯正歯科装置をお口に中に付けると発音など会話に影響が生じることがあります。

多くの場合は数日から1週間で慣れてきます。

3. 矯正歯科装置は歯を動かすために1か月毎に僅かな力をかけて調節しますが、その際に痛みを感じることがあります。

痛みは個人差が大きく、比較的強い痛みを感じる人がいる反面、痛みがほとんどない人もいます。痛みは矯正歯科装置調節の翌日、翌々日がピークでその後、数日から1週間で治まります。

4. 矯正歯科装置は接着剤の強度に限界があるため、食事の時に硬いものを食べて装置にあたると外れることがあります。

硬いものを食べる時には十分注意してください。矯正装置装着時に主治医より注意事項等説明させて頂きます。

矯正歯科治療の治療方針や期間

5. 歯の動きは個人差があるため、治療前の予想治療期間よりも長くなることがあります。

歯の動き、成長が早い・遅い等には個人差があります。矯正治療期間が長くなる場合には主治医より説明させて頂きます。

6. 成長期の子供の矯正歯科治療では、治療中に予想外のアゴの成長などにより治療方針の変更が必要になることがあります。

成長が予想外となることもあります。治療方針が変更となる場合には主治医より説明させて頂きます。

7. 治療中に学校、お仕事、ご病気などにより長期間通院が途絶えると治療が長引くことになります。なるべく矯正治療予約日をお守り下さい。

治療期間が変更となる場合には主治医より説明させて頂きます。

8. 治療開始前のレントゲン検査などでは分からない歯と歯槽骨の癒着が治療中に判明することがあります。

歯槽骨と癒着のある歯は矯正歯科治療による移動ができないため、治療方針の変更が必要になります。当医院では、デジタルレントゲン、CTレントゲン等を用いて精密検査を行っていますが、稀に、癒着等で治療方針を変更する場合は、主治医より説明させて頂きます。

矯正歯科治療中の合併症

9. 矯正歯科治療中にハミガキを怠るとむし歯(カリエス)や歯周病になることがあります。

当医院は、一般歯科治療も行っています。歯科衛生士が矯正歯科治療中のハミガキ指導・口腔ケアを行いますが、患者さん本人の自覚と管理が重要です。カリエス・・・当医院ではカリエス処置も行っています。叢生の著しい部位では矯正治療により間隙が出来た後に治療するので健全歯質の削合も必要最小限で治療可能です
歯周病・・・日本歯周病学会専門医でもあり、毎治療時に歯科衛生士と共に歯周治療を同時に行うことでより良い改善を目指しています。

10. 矯正歯科治療により歯根が短くなる歯根吸収や歯肉が下がる歯肉退縮が生じることがあります。

当医院では、デジタルレントゲン、CTレントゲン等を用いて精密検査を行っていますが、稀に、歯根吸収や歯肉が下がる歯肉退縮が生じる場合には主治医より予防法等説明させて頂きます。

11. 矯正歯科治療中にアゴの関節に痛みなどの顎関節症が生じることがあります。

症状があれば主治医にお伝えください。

矯正歯科治療後の結果

12. 歯を動かす治療(動的治療)の終了後は、歯並び、咬み合せを安定させるために保定装置を使用しますが、保定装置の使用を怠ると歯並び咬み合せが再び悪化する「後戻り」を生じることがあります。

治療後の保定装置は主治医の指示に従い忘れずに使用しましょう。動的治療終了後も定期健診とメンテナンスの為に通院頂くことが重要で、「後戻り」の予防となります。

13. 矯正歯科治療の結果には限界があります。矯正歯科治療は理想的な歯並び、咬み合せの達成を目標とするものではありません。

治療により改善が可能な点と、治療によっても改善が望めない点に関して治療前に主治医に確認するとよいでしょう。

診療の相談を実施しております。
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ 043-292-6480

診療時間
診療時間 日・祝日
9:30 ~ 13:00
15:00 ~ 19:00
                   
吉本矯正・歯科
月・火・水・金・土
9:30~13:00 15:00~19:00
                  休診日 : 木・日・祝日
千葉市緑区おゆみ野中央6-14-8
TEL 043-292-6480
アクセス